kamiokande アグレッシブインラインスケート

2007年03月31日

Mii ジェネレーターで遊んでみました

1. WEBMARKET
こちら、wiiのユーザー用のキャラクターmii向けに作られたツール。。。wiiをお持ちの方々にはもちろん、お持ちでない方々にもおすすめ! 作成した、miiをjpgでエクスポートできるので、mixiなんかのプロフィール画像にも使えます。
Mixiのプロフィール写真にいかが? 似顔絵ジェネレーター 9サイト
ということで、Wiiは持っていませんがおもしろいという噂を聞いているMiiのジェネレーターで似顔絵を作ってみました。

以前ちょっと触った時は時間をかけなかったせいかイマイチな印象だったんですけど、マジメにやったら自分でも結構似ているんじゃないかと思うものができました。それがこれなんですけど・・・

mii
クリックで拡大

Wii も欲しいんですけど、最近ちょっと散財し過ぎなのでヤバいです。

追記
FlickrにMiiの写真がたくさんありました。
http://www.flickr.com/photos/tags/mii/
posted by kam.iokan.de at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサービス このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.usに追加

期末なんでマイ06-07シーズンを振り返る

今年は本当に色々ありました。

うちの会社は3月決算なので、この時期にいろいろと新しい動きがあったり、1年を振り返り、次の1年の計画を立てるタイミングだったりします。

自分にとってはいよいよ20代最後のタイミングを迎えていて、そのせいもあるのかどうか分からないけれど、今までにないくらい浮き沈みがある1年でした。こんなことは初めてですね。たぶん。

自分のキャパシティを超えることがいくつも起きて、本当に辛い時期もありました。この先もいろいろあるだろうけど、この1年間はきっと一生忘れられない年になるんじゃないかと思います。そういう意味では今が成長できるタイミングなはずなんですね。

なんていうか、ようやくこうして振り返ることができていますが、今までは1つ1つのことを振り返ることが全くできていなかったんですよ。
そんな時間がないし、時間があっても自分の能力・経験では対処できない問題であったり。自分はマルチタスクなタイプではないので、そんな余裕のない自分が嫌になることもあったのかな。それが沈んだ原因なのかも。

そういう意味でいうと、このタイミングで自分を振り返るよい機会がありました。そういえば。
チャンスをくれたのは、とある学生。

リクルーター面談で、非常に知識レベルが高くロジカルにものごとを話す学生とコミュニケーションする機会があったのですが、会話が途切れること無くテンポよく進んでいく。そうなると、こっちも気持ちよくなってきて、どんどん話をしたくなってしまうんですよね。こいつと仕事してみたいな、という一心で。

そこで、ホワイトボードにわたしが今の会社に入社してからのできごとをダイジェストで年表にしながら話をしてみたのですが、これがなかなかよい。
客観的に自分の成長と会社の成長とを照らし合わせて見ることができて、学生に話しながらむしろ自分の方が納得していたような気がする。
そんなリクルーター面談で良いのだろうかという気もするが、来年彼が入社していたら良しとしようと思う。ちなみにわたしと面談した学生から、今のところ2名内定者が出ているようです。なかなかいいペースみたいです。

さらにもう1つ。

4月から入ってくる新入社員研修で、1時間与えられて自由に話をしてよいことになっているので、もう一歩踏み込んで自分の会社での歩みを振り返ることにしようと思う。

なんだか、だんだん楽しくなってきたぞ。

日記みたいなこと書いちゃいましたが、これからはこんなことも書いていくんじゃないかと思います。今までは自分の制約の中で書いていましたが、少し解き放ってみようと思います。

そう考えるようになったのは、きっと「アルファブロガー」の影響が大きいです。ブログで何か表現したいけど、もやもやしている人におすすめ。

アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから
FPN(フューチャー プランニング ネットワーク) 徳力 基彦 渡辺 聡 佐藤 匡彦 上原 仁
翔泳社 (2005/10/21)
売り上げランキング: 102398
おすすめ度の平均: 4.5
3 広く読まれるブログのコツとは
4 ブログってのはこういうものか、と理解できる
4 謙虚な人

2007年03月30日

アップル製品とヒトが処理することができる情報量

仕事で「人間が処理することができる情報量はここ10年で1,000倍になった。」とか、正確には正しい話だったのかどうか分かりませんがそんな話をする機会がありました。

例えば、写真。

デジカメ登場以前と以後では写真として残す枚数(情報)が飛躍的に伸びています。さらに記憶媒体となるフラッシュメモリーやHDDのコストがどんどん下がっていることもそれに拍車を掛けています。

今回、Macを買ってwindowsから全ての写真を移行したのですが、およそ1年半で4,000枚を超える写真を撮っていることが分かりました。(ケータイカメラの写真含む)

平均すると1日7枚、月で200枚を超える枚数という計算になります。まぁ子供が生まれてからの1年半なので増えて当然(親バカ)なんですが、それでも自分が生まれた頃の同じ期間の写真なんて、せいぜい100枚もありませんでしたから、その差は歴然。※

あるいはiPodの登場で持ち運ぶ音楽の量も爆発的に増えました。

iPod以前はせいぜいCD1枚か数枚持ち歩く程度が普通でしたが、今では自分の音楽ライブラリ全てを持ち運ぶのが当たり前になりました。今、わたしのiPodには3,000曲弱入っています。

まぁ情報を「所持する=処理できる」わけではないのですが、情報に対する接し方が変わってきていることは事実で、iPhotoやiPodは「とりあえず取っておいた情報」でも容易にリーチすることができる点で極めて優れています。

よく「ビジネスの基本は不を解消することだ」という話を聞きます。それも事実です。ただし、アップルの場合は新しい価値を市場につくり出し破壊することで、むしろユーザーや競合企業に対して「不を生み出している」んじゃないかと感じました。iPodじゃないと満足できないという不を生み出しているのではと。

そんなことを考えつつ、日々増え続ける情報量と自分の処理能力に限界を感じ、これはいかんとマインドマップを書いてみたりしているわけですが、すると通勤電車の短時間で意外とスッキリしてしまいちょっと拍子抜け。

なんか、まだまだイケそうな感じがしてきました。

※息子が第一子、自分が第二子という違いも多少はあるのでしょうが、それでもね。

2007年03月28日

Gimp で 本城直季風のミニチュア写真に加工

iMac 買いました。Intel Mac。20インチの。

ということでいろいろ遊んでいるのですが、とりあえず以前から気になっていた Gimp をインストールして写真で遊んでみました。
まずは、手持ちの写真を、本城直季風のミニチュア写真に加工してみるテスト。
参考にしたエントリーは文末にまとめておきます。

近所の写真。
いくつか作った中で、今のところこれが一番しっくり来ているような。けどぼかしの入れ方でもう少し工夫できそう。
river

東京タワーからの景色。
手前の建物はそれなりに見えますが、アングルのせいかいまいちミニュチュアっぽさを出し切れていない。素材を「撮る」ことから考えないと駄目っぽい。
Tokyo

まぁちょっとイマイチなんですけど、スケートパークで作ってみたいですね。どなたか是非。

ちなみに本城直季氏の写真は、事後加工なしの現場で勝負ってやつです。トップランナーで見ました。
写真集ちょっと欲しいなぁ。

参考にしたエントリー
ミニチュアのような画像をGimpで作成する方法
X11 for Mac OS X

Mac OSX に Gimp をインストールするには事前に X11 をインストールしておく必要があるのですが、ウェブからダウンロードするのは厄介だったので、CDからインストールするのがおすすめ。
よく分からないのですが、なんとかなりました。

small planet
small planet
posted with amazlet on 07.03.28
本城 直季
リトルモア (2006/04/08)
売り上げランキング: 1529
おすすめ度の平均: 4.0
3 アナログ的な手仕事の緻密さ。
5 精巧なミニチュアを手に入れた気分
3 評価が難しい


2007年03月27日

mixi 外部ブログへのリンク仕様変更?(勘違いでした)

わたしもmixiで外部ブログを利用していますが、こんな記事も話題を集めるくらいmixiでの外部ブログの扱いに注目する人が多いようです。

ところでここ数日で気づいたのですが、mixiから「最新の日記」のタイトルをクリックすると外部ブログでも直接記事に飛んでいませんか?
外部ブログを使用している2人のマイミクで調べてみたのですが、
以前はリダイレクトページが挟まってやや鬱陶しかったのが解消されているような。
全然話題になってないようなので、わたしの勘違いでしょうか。

ちなみに最近スケートネタ書いていないのは、きっとスケートしてないからです。

そうそう、○島のあのハンドカーブ。そろそろ桜が咲いてきっといいロケーションですよ。

追記
やっぱりわたしの勘違いでした。

「マイミクシィ最新日記」からの場合はリダイレクトページを挟んでいて、マイミクの「最新日記」からの場合はリダイレクトページなしでした。
エントリーごと消そうと思ったのですが、もうfeedしちゃってるので追記と記事タイトル変更で処理。

失礼しました。

kam.iokan.de 関連記事
mixi の中と外 (1)
mixi の中と外 (2)
mixi の中と外 (3)
posted by kam.iokan.de at 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサービス このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.usに追加

2007年03月16日

笑い男ジェネレーター

Powerd By WebToJpeg
これはすごい・・・。

最近話題の顔認識プログラムを使って自動で「笑い男」を貼り付けてくれます。
「顔面認識→笑い男貼り付け」ツールがすごすぎる!
画像から顔を自動認識して笑い男マークをぺたり。ということで、いろいろ試してみました。

いつも通り古い写真で恐縮です。

ダ○ちゃーん!亀元気だよ。
The Laughing Man Hacks Dai Yamaji

某ライダー時代のア○シにタ○カちゃんが!
The Laughing Man Hacks Atsushi Sugiura

シ○ウはやっぱかっこいいなぁ。
The Laughing Man Hacks Sho Uchiwada

バレバレですけど・・・

kam.iokan.de 関連記事
「笑い男」ロゴはイギリスのBMXライダーによってデザインされたものだった

2007年03月15日

mixi の中と外 (3)

前回前々回からのつづき。

mixi で昔の友達からメッセージが来てリアルでも再会したりと、サービスの上では感動しているのだけれども自分の表現の場所はここではないなと、サービスの上でココロとカラダが乖離している、そういった感覚を持っていました。

みんなうまく使っているんだけれども、イマイチそれに乗り切れない感覚。別に乗る必要もないんだけれども、なんか見ていて気持ち悪いみたいな・・・

そんな風に長いこともやもやしていたのですが、何気なく読み始めたアルファブロガーという本ですっきりしました。
軽い気持ちで手に取って読んでみたのですが、1つ2つともやもやしているものがクリアになったのでちょっと長めに引用してみます。

切込隊長BLOGのインタビュー。mixi と blog との関係をどう見るか?という質問に対する回答。
mixiにはブログ的な機能もありますが、mixiをやりたい人とブログをやりたい人のニーズは別でしょう。mixiはクローズドなことを前提としたサービスであるのに対して、ブログは公開前提じゃないですか。ユーザーの心構えも違うわけですよ。
そんなに時間はないけどちょっとインターネット上の無料サービスで試したい、と思った人はmixiに行きたがるだろうし、情報発信なりなんなり自分のやりたいことがある、と思った人はブログをやるだろうし、どっぷりネットに浸かっている人は両方やるだろうし。
ほんと、その通りだと。自分はどっぷり浸かっているんだと。既に前回のエントリーでisseiくん、hiyoさん、haruhikoさんからコメントをもらっている通りなんですよね。

自分が1999年にPCを手に入れてネットを始めた動機が最初から「情報発信」だったので、それに対してナーバスになる感覚を持てていなかったのだと思いますし、そういったナーバスになる人たちがカジュアルに発信することができる、内向的な日本人にマッチしたmixiというインフラが現れ、あるいはブログという外の世界に移行していく人もいる。

そんな状況がまさしく今現在で、例えば Hopscotch の面々は mixi の中から外へと向かっているのだと。

ようやく本題に辿り着きましたが、Hopscotch についてはちょっとタイミングをおいて書きたいと思います。


アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから
FPN(フューチャー プランニング ネットワーク) 徳力 基彦 渡辺 聡 佐藤 匡彦 上原 仁
翔泳社 (2005/10/21)
売り上げランキング: 117869
おすすめ度の平均: 4.5
3 広く読まれるブログのコツとは
4 ブログってのはこういうものか、と理解できる
4 謙虚な人

2007年03月13日

mixi の中と外 (2)

前回のつづき。

そんな風に mixi を見て懐かしく思う一方で、もやもや感じていたのが2006年の初めくらいだったでしょうか。

それ以来、ずっと 「mixi の中と外」について考えていました。

より多くの人に認知してもうらためには mixi の中よりも外だろうとか、知り合いの知り合い程度にまで一定の濃度で広めることができるのが mixi であるのかな、いや、やっぱりそれって限界があるよなとか。Google や Yahoo! で検索して出てこない情報なんて、この世にないのと同然だよな、なんて。

その一方で、今 mixi で色々な出会いを経験していることが、ネットを始めた1999年頃の色々な人との出会いとオーバーラップしたりもしていたりもするわけです。

しかし、これはわたしの mixi の使い方なんですが、そこに新しい出会いは全く求めていないんですよね。マイミクになっている人は改めて確認してみましたが、全員リアルな知り合いです。地元の同級生、バイト仲間、スケート仲間、会社の仲間、あるいは家族、そんなところです。

それから、わたしは mixi で日記を書いておらず外部のブログを利用していますが、それはこのブログは別に知り合いに向けて書いているわけではないから。
多少はそういった面も意識して書くこともありますが、ほとんど日記的なことは書きませんし、mixi というローカルな湖のようなところではなく、その外のインターネットというより広い海に向けて、いつか誰かに拾ってもらえるような情報を書いていきたいと考えています。

例えるなら mixi は顔見知りがいる釣り堀の世間話で、mixi の外はいつ誰に届くか分からない、海に手紙入りのボトルを流す、そんな風に言い換えることもできるかもしれません。

そんな感じで mixi については、利用しているんだけども何か差別的な考えを捨てきれずにいました。

つづく

kam.iokan.de 関連記事
mixi の中と外 (3)

2007年03月11日

mixi の中と外 (1)

「mixi で疎遠になっていたスケーターをたくさんみつけて感動した」というような記事をこちらで年末に書いたのですが、それと同時に感じていたことがあったので、今日はそれについて書いておこうと思います。

ひとことで言ってしまうと「まだ(また)内輪でやっているんだ」と思いました。ちょっと嫌な書き方になってしまうのですが、ネットから見る限りはそういった感覚を持ちました。

というのは、昔からインラインスケーターのネット利用率は高かったので mixi に多くのスケーターがいるであろうことは想像できたのですが、それ以上に 「mixi の外」で、スケーターがどんな表現をしているかについて期待している部分がありました。
もうちょっと具体例を示して書くと、Flickr や YouTube や Google Maps の利用がどれだけ進んでいるのか、ということです。

その意味で考えると、以前からオンラインだったスケーターがブログを持ち、以前はオフラインだったスケーターが mixi に参加している状況なんだな、それ以上の大きなブレイクスルーはまだ起きていないんだな、というのが当時感じたことでした。

つづく

kam.iokan.de 関連記事
mixi の中と外 (2)

2007年03月10日

Google Docs & Spreadsheets でSEO効果測定とレビュー

マイクロソフトのオフィスソフト、ワードとエクセルに近い機能を無料で、しかもブラウザ上の操作で可能にしてしまった、Google Docs & Spreadsheets を試してみました。

kam.iokan.de では、密かに "kamiokande" のGoogleとYahoo!の検索結果で1位になることを目指しているので、その模様をGoogleのエクセルこと、Spreadsheetsでレポートしてみようと思います。

と言ってもまだデータが2日分しかないのであれですが、下に表示しているのがSpreadsheetsで作成したデータです。こんな感じで、作成したファイルをブログで公開することも簡単にできます。



さらに、一度作成したファイルに修正を加わえても、ブログに貼付けたデータを5分おきに自動更新して最新の情報に保つように設定可能。これは便利です。

何が便利かって、スケートの大会の時にリザルトをノートPCのエクセルで集計している光景を見たことがありますが、結果を集計しつつすぐに、というかほぼリアルタイムでリザルトを全世界に公開できてしまうわけです。

今まではリザルトを受けてサイトにアップ、という作業が行われていたわけですが、それすらも必要ない。大会を運営するのと同時に、リザルトをほぼリアルタイムに公開できるということです。
さらにはRSS,Atom,PDFの吐き出しも可能。

と、ここまで絶賛してきましたが、利用してみて感じた次第点をあげておきます。

・使い方がエクセルとほぼ同じで問題なく作業に取り掛かれるが、サーバーと通信が発生する分若干待たされりと、作業効率はエクセルに比べるとやはり落ちる。
・グラフが作成できない。これにはがっかりしました。(ヘルプによると今後実装されそう)
・シートにハイパーリンクを貼る作業が面倒。
・作業ファイル上でハイパーリンクを貼っても、ブログに貼ったデータに反映されない。(仕様?)

等々、細かくあげればキリがありませんが、これらの問題を解消するとかなり強力なツールになると思います。というか既にかなり強力で、マイクロソフトも脅威を感じているわけです。

メーラー、スケジュール、ワード、エクセル、地図。Google によってどんどんOSが無意味なものになっていっているのを感じますが、残るはパワーポイントとペイントでしょうか?

kam.iokan.de 関連記事
Google Calendar でスケートイベント公開
posted by kam.iokan.de at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサービス このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.usに追加

2007年03月06日

DAFT PUNK'S ELECTROMA



ダフトパンク監督作品"DAFT PUNK'S ELECTROMA"(邦題 ダフト・パンク エレクトロマ)のトレーラー。

台詞なしのBGMのみでストリーが展開するあたりは、松本零士とコラボしたインターステラ5555と同様なわけで、公式サイトいわく。
「本作は、『イージー・ライダー』と『2001年 宇宙の旅』を混在させたような作品」と本人たちが語り
〜中略〜
人間になることを夢見て、旅に出るロボット2体の物語を映像と音楽のみで描き、ミニマルでレトロ=フューチャーな"目の音楽"を創り上げた。
イージー・ライダーと2001年って、一見訳の分からない組み合わせですが、確かにトレーラーを見ると分かるような、分からないような、気になる。

むりやりスケートと絡めると、このロボット、ギャバンぽいです。
ギャバるシーンがあるのか、ないのか。気になる。(たぶんないと思いますけど)

ちなみにダフト・パンクで一番好きなアルバムは初期の"home work"
amazon では手に入りにくくなっているようですが、iTunes store では今すぐ速攻DLできますね。在庫を持つ必要がないって素晴らしい。
しかもそのうち、映画をDLできるようになって(というかアメリカではもう可能) Apple TV で大画面テレビで見られるようになる。凄いな。

クリックして iTunes の"Homework"のページへ
Daft Punk – ミュージック at Last.fm
DAFT PUNK'S ELECTROMA


インターステラ5555-The 5tory of the 5ecret 5tar 5ystem-
東芝EMI (2003/12/03)
売り上げランキング: 9592
おすすめ度の平均: 4.5
5 確かに見応えあります。
5 フレンチ・エレクトロ・オペラ?
4 ボーナス映像が楽しみ・・・・

posted by kam.iokan.de at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.usに追加

2007年03月01日

ソーシャルタイムラインでアグレッシブインラインスケートの歴史を紐解く

仰々しいタイトルの割りには、まだなにもできてなくてすみません。

nifty が年表を共有するサービスを開始。横軸は時間軸、縦軸は自由に設定可能で、誰かが作った年表を編集したり共有したりすることができます。

http://timeline.nifty.com/

これは!と思い早速登録・公開してみました。

まずは話題の"Barely Dead DVD"の発売を年表上に置いてみました。正確な日時は分かりませんが、2006年の12月1日のできごととして登録。
縦軸は盛り上がり度とし、基準が分からないのでとりあえず100としてみました。

それがこちら。ぺこっとブログに貼り付けることができます。スクロールバーを一番左まで寄せてみてください。



まだ1件しか登録しておらず、どんなサービスかイメージしにくいと思うので任天堂の歴史を紹介しておきます。



こんな感じで、使って気持ちいインターフェイスで歴史を俯瞰することができ、それをみんなで作り上げていくことができます。
業界にとってエポックメイキングなできごとを登録してもいいし、誰かが「始めてのハンドレールをメイク」と登録してもいいわけです。

そんな風に考えているのでアグレッシブインラインスケートの歴史は、誰でも登録・閲覧をできるように設定しています。

一人で全て作ろうとは考えていませんので、SKATE NERDS 数人に声を掛けたいとも思ってます。個人でやると主観が強くなり過ぎますし、労力にも限界があります。
Free Flyer なんて今見ても凄い情報の宝庫ですから、これをなんとか生かしたいという思いもあり。

これからのライフワークになりそうな楽しいネタですが、一方で楽もしたいので、Google カレンダーと連動してくれるとありがたいですね。
niftyさん、よろしくお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。