kamiokande アグレッシブインラインスケート

2008年11月13日

Lakai のシーケンス



せっかくいい入りなのに、トリックへの繋ぎでぶった切っちゃってるのが凄くもったいない。

彼氏がBSユニティーしてた。別れたい…

BSユニティだとミニラン待ちで並んでる時なんか恥ずかしいww

下向いちゃうしww

男にはせめてサバンナにして欲しい・・・

アメとかでされたら・・・・もう最悪ww

せめて普通にトゥルースピンやバックサイド270ぐらいはメイクして欲しい。

常識的に考えて欲しいだけなんです!

BSユニティーで軽く流された時の恥ずかしさとか分かる?

あのね?たとえば週末10〜20人ぐらいでストリートとか行くでしょ?

それぞれ自慢のトリックかますわけじゃない?

みんな普通にトゥルーミズやトークやフィッシュやフルキャブできるわけでしょ?

BSユニティーだけでノコノコついてったら大恥かくでしょうがww

http://anond.hatelabo.jp/20081111000645
tags:増田 ネタ

2008年11月12日

アメ トリビュート


前にも書いたが、私はAnimotoの大ファンだ。このサービスはたった1つのことだけを実にうまくやってのける。写真を即座に音楽つきスライドショーにしてくれるのだ。
Animoto、テキスト機能追加でさらに改良される

ということで遊んでみた。

FlickrとYouTubeとの連携で、ぜーんぶウェブの向こう側でつくられました。必要な時間はものの数分。

http://animoto.com/


んじゃ金夜アメで。

金夜アメ

2008年11月07日

My Rolling Life Between ESCO and Kichijoji

"Horetaze Rollerblade" is a series of events I have started with friends since the spring, when we had the Clip4 premiere. Always dreaming of the local skate shop or a skatepark to hold premieres and parties for us, we finally got off our asses and did it ourselves. Yeah that's right! D.I.O!!
HORETAZZZEEE!!!

思い出した。

初めて、いわゆるプレミア(新作スケートビデオ上映会)っていうのを体験したのは、2001年のIMYTA Sandiegoで渡米した時だった。

プレミアになった会場は、ESCOのパークとショップがある場所。(下地図の今フットサルコートがあるところ。屋外。)

IMYTAの前夜祭も兼ねてるような感じで、地元のキッズ達が目を輝かせて「クリス・ハフィーが来たぜ!」「マジ!?」なんて会話をしていたのをよく覚えてる。
その頃、日本でまだハフィーはあまり知られてなかったんで、ガイドしてもらっていた堀田にどんなスケーターか教えてもらったこともよく覚えてる。その頃からRemz履いてたね。

上映されたビデオはsalomonのチームビデオで、確かDave Pain編集だった気が。タイトルは忘れた・・・まぁそのプレミアもそんなに盛り上がった感じじゃなかったけど、「こういうのがあるんだ」ってのは結構新鮮で、それが数年後"more"っていう形で日本で実現されて、"惚れたぜ!"に継承され、関東以外でもプレミアをやるシーンが根付いて来てるっていうのが、今思うとなんとなく感慨深い。

感慨深いと言いつつも、昔を振り返るのは個人的にはちょっとお腹いっぱいな気も。その場は楽しいようで、実は「昔の方が楽しかった」と言っているようなもんだから、そこからまた何か新しいモノを生み出して行かないと、また昔話をネタにして飲むハメになる。
まぁもっと悲しいのは親父達が昔話をする場さえないことだけどね。

ということで、今後の"惚れたぜ!"にリスペクトを込めて更なる期待を!(投げっぱなしジャーマン)


大きな地図で見る

HRTZ

HRTZ

HRTZ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。