kamiokande アグレッシブインラインスケート

2007年03月11日

mixi の中と外 (1)

「mixi で疎遠になっていたスケーターをたくさんみつけて感動した」というような記事をこちらで年末に書いたのですが、それと同時に感じていたことがあったので、今日はそれについて書いておこうと思います。

ひとことで言ってしまうと「まだ(また)内輪でやっているんだ」と思いました。ちょっと嫌な書き方になってしまうのですが、ネットから見る限りはそういった感覚を持ちました。

というのは、昔からインラインスケーターのネット利用率は高かったので mixi に多くのスケーターがいるであろうことは想像できたのですが、それ以上に 「mixi の外」で、スケーターがどんな表現をしているかについて期待している部分がありました。
もうちょっと具体例を示して書くと、Flickr や YouTube や Google Maps の利用がどれだけ進んでいるのか、ということです。

その意味で考えると、以前からオンラインだったスケーターがブログを持ち、以前はオフラインだったスケーターが mixi に参加している状況なんだな、それ以上の大きなブレイクスルーはまだ起きていないんだな、というのが当時感じたことでした。

つづく

kam.iokan.de 関連記事
mixi の中と外 (2)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。